であ・あいんつぃげ

こんにちは……

『ボヘミアン・ラプソディ』

クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見た。私はノレなかった。
f:id:hr-man:20181205222442j:image

と言って、私が楽しめなかったのは当然といえば当然で、(ある意味で)私が悪い。というのも、私はクイーンのファンではないのだから。見に行った私がどうかしていたのだ。禁煙していて頭がぼーっとしていたのも悪かったのかもしれない。

という断り書きをしておいて、しかしなおこの作品の出来は大したものではなかったという主張はしておこうと思う。

私の論点は次のようにまとめられる。:今作がつまらなかったのは、見たあとの印象が、「人生色々あり、その全てが爆発するようなラストのコンサートが最高だった」といったものではなく、「人生色々あってその全てが爆発するようなラストのコンサートっていう「映画の構成」っていいよね」というものに過ぎなかったからである。前者であったら理想的な映画「体験」であっただろうが、実際は後者のような映画「概念」を受け取っただけであった。構成だけがかろうじてあり、その瞬間その瞬間の面白みにかけたのが、その原因だと思われる(が、ただし、クイーン好きの人が音楽の力によってその瞬間その瞬間を楽しめることは間違いないのだろうが)。確かにそれは「面白い」を含んだ概念ではあった。しかし、「面白い」という言葉自体は面白くないように、「面白い」を含んだ概念を受け取ったところで、面白くもなんともないのである。