であ・あいんつぃげ

こんにちは……

大傑作『寝ても覚めても』


f:id:hr-man:20180909142715j:image
寝ても覚めても』を見た。大傑作! こういう完成された作品についてはもう何も言うことない。とにかく面白いので、とにかく見るべきである。

とはいえ、ほんのちょっとだけ本作の印象を書くと「人間の描けている黒沢清」といった感じであった。もっとも、人間を描いて(描けて)いない黒沢清が劣っているというわけではないが。黒沢清の場合、そもそも本作で描かれているようなことは、本作のラストの台詞を使うのなら「汚い川」なのであって、そこから離陸することに(あるいはすでに離陸していることに)映画的醍醐味を置いている。対して本作は「汚い川」は「でも、きれい」なのであるから、そのことを描くのであった。バランスが取れているのは圧倒的に濱口竜介監督の方なのであろうが、結局は好みの問題であろう。私はといえば、本作を見終わった後、濱口監督が本格的なホラー映画を撮ってくれればなぁ、と願わずにはいられなくなった。舞台女優を東出の同僚が批判するシーンや地震のシーンなど、半端ではない怖さであったからである。