homeroom-man’s diary

映画・本 慰め以上を求めて……

バフチン『ドストエフスキーの詩学』

バフチンドストエフスキー詩学

 

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)

 

 

ドストエフスキー的地獄を「ポリフォニー(多声)」として、肯定的に捉えた書。

ドストエフスキー的地獄とは――「俺のことを他人は決して把握できない」あるいは同じことだが、「俺は他人のことを決して把握できない」、にもかかわらず、「他人は俺のことを把握できると思っていやがる!」――これに尽きるであろう。

ドストエフスキーが心理学について書いた文章をどこかで読んだのだが(なんかの小説のあとがきに引用されていたのだと思う、あるいは『詩学』にも引用されていたかもしれない)、それは、(多少頭のある人間であるならば)この無間地獄に陥らざるを得ないことの秀逸な説明であった。しかし、その文章が見つからないので、ここでは簡単に内容を紹介することしかできない。すなわち――心理学は、これこれこういう時に、これこれこういう理由で人間は行動する、という具合に人間について説明するが、それを知った人間は、その説明通りには行動しないようにできる。

人間は、他人に「あなたって○○な人ですね」といわれたとき、(たとえ当てっていた時でさえ)「違う!」と叫ぶことができ、他人のその評価に全く反したことをすることができる。そしてその性質がいき過ぎると、他人の声を先取りし始め、それを言われる前から「俺は違う!」と叫びだす。そうこうしているうち、(想像の)他人の声を聞くのがどんどんうまくなり、ドストエフスキーは「ポリフォニー小説」の大家となったのであった。

少なくとも言葉によるコミュニケーションの場合、人は相手のことを矮小化せずにはいられない。あるいはこう言い換えてもいい――相手を「観念」化せずにはいられない。自分は相手の全存在を把握することはできず、相手は自分の全存在を把握できない、なぜなら、当たり前のことだが、「わたし」と「あなた」は別の人間だからである。相手の全存在を意識してコミュニケーションなど、不可能だ。かくして、人は相手を「○○キャラ」という安易な「観念」でとらえるようになった、相手にも自分を「○○キャラ」として捉えさせるようになった、そうして円滑にコミュニケーションを行おうとする。そういう全てに徹底的な「否!」を突きつけるのが、突き付け続けどんどん小説が長くなるのが、ドストエフスキーの強さである。

コリン・ウィルソンは『アウトサイダー』でドストエフスキーを取り上げているが、それはこの意味でだ。確認すると、アウトサイダーとは「(普通人の)観念に埋没できない者」のことだが、自分や他人のことを「キャラ(観念)」でとらえ、とらえられることを徹底的に拒絶し、ポリフォニー小説を創作してしまったドストエフスキーは、間違いなくアウトサイダーだ。この「どこまでいっても把握できない」という感覚こそ、アウトサイダーの本質であり、アウトサイダーにとっての真理であるのは言うまでもない。しかし、「どこまでいっても把握できない」とは、実は、「『言葉では』どこまでいっても把握できない」という留保付きの宣言であることが次第に分かってくる。だから、アウトサイダーは最終的に救いを言葉の外に見出そうとする。言葉の外とは、コリン・ウィルソンドストエフスキーにとっては宗教的・神秘的なものだが、ある人間はそれを恋愛・性愛の中に見出し、ある人間は自然や肉体に見出し、ある人間は個人ではなく「人間関係」の中にそれを見出し、ある人間は言葉の中にさえ言葉の外を見るのである。