homeroom-man’s diary

映画・本 慰め以上を求めて……

傑作二本。『沈黙ーサイレンスー』『アンチポルノ』

マーティン・スコセッシ監督『沈黙―サイレンス―』
園子温監督『アンチポルノ』

どちらも観る気があまりしなかった。『沈黙』について言えば、その生真面目そうな内容から。『アンチポルノ』は、その「ちょっと古いアーティスティック」な風貌から。そして、それらの印象は観終わった後も変わらなかった。けど、どちらも観てよかったと心底思った。傑作だ。

どちらも「傷」を受けた者の顛末を描いていた。『沈黙』では、他者(信者)が傷つき殺され、宣教師たちもまた(心に)大きな傷を負う。結果、彼らは宗教の鞍替えかキリスト(教)に固執するか、どちらかを選ばざるを得なくなるだろう。いずれにしろ「傷」が(より強固な)信仰を招くさまを描く。

翻って『アンチポルノ』では「傷」が永遠の自己言及を招く。これがわたしの現実! ってわたしが思っているだけでしょ、ホントはこっち! ってわたしが思っているだけでしょ、ホントはこっち! ってわたしが思っているだけでしょ、ホントは……永遠と繰り返される反省が、妹の自殺という痛ましい出来事=「傷」に由来するという作劇をどう見るべきか。

実は、永遠と続く自己言及もまた信仰の一種に過ぎないということ。正確に言えば、強烈な「反省信仰」を持つに至った者が永遠の自己言及に陥るのだ。

(心に)「傷」を受けた際に人間が取れる道は二つしかない(もちろん、どちらか一方だけを取ることはあり得ないはずだが)。「傷の強化」か「傷の相対化」だ。「傷の強化」は思考の回路を固定化してしまう、「傷」から膿のようにあふれ出た憎しみに囚われ、抜け出られなくなってしまうからだ。

「傷の相対化」は別の言い方をすれば、「傷を眺める」ということだ。眺めることで、距離を置くことで、どうにか苦しみから逃れようとするのだ。そして、そう、この時初めて眺める意識が、「自意識」が発生する。その「自意識」を「神」と置き換える時、「信仰」が生まれる。「自意識」をそのまま受け止めようとすれば、永遠の自己言及に苛まれる。しかし、それが果たして「偉い」のか? 永遠と反省し続けることを「信仰」することが「正しい」と「誰が決めるのか」?